日本は患者増えているが世界の先進国は患者減っている、健康常識の違い

日本は患者増えているが世界の先進国は患者減っている、健康常識の違い

現代の日本では、虫歯,歯周病、アレルギー、アトピー、喘息、肥満、高血圧、糖尿病、心疾患、脳卒中、リウマチ、がん、肝臓病,腎臓病、うつ、統合失調症などの慢性疾患や精神疾患が蔓延して、日本の医療費は40兆円を超えてしまいました。今後2020年にはさらに倍近

スポンサーリンク