世界健康機構が認めた!自分のスピリチュアル魂が健康状態を決めている

シェアする

fccc1184edd6ead437b0bd2f54936a79_s-500x375

以前有料セミナーでお話ししたことがありますが、ちょっとスピリチュアルな話をしたいと思います。スピリチュアルというと眉唾ものと感じる人が多いと思いますが、実は、世界的にスピリチュアルは科学され、健康を左右しているばかりではなく、人間が幸せになるための重要な秘密を公開します。

人間の脳は大きく分けると原脳と言われる爬虫類脳と大脳辺縁系の犬猫脳、人間の特徴でもある大脳新皮質の人間脳、そして瞑想脳と言われる前頭前野の4つに分けられます。この前頭前野が未開の地と言われているところで、すごい能力を持っているにもかかわらず、人間がまだまだ使えていない脳の部分なんです。

そして、有名なマズロー博士の人間の欲求ですが、これも4つにわけられます。まず生理的欲求、これが満たされると安全の欲求があり、それが満たされると所属と承認の欲求に移ります。最後に自己実現欲求になるのですが、普通人間は認めてもらいたい欲求が強いのですが、これが満たされると次の自己実現にいくのですが、ここでの自己実現というのはなりたい自分になれたという意味とは違うようです。後でお話しします。

さらに、、WHO(世界保健機構)の健康につての定義ですがこれも4つから成り立っています。まずは身体的健康、次に精神的健康、次に社会的健康です。肉体的にも精神的にも健康でなければ当然健康を害してしまいますが人間社会においてはさらに社会と適合してバランスを取らなくては社会生活は出来ません。その意味での社会的健康です。今まではWHOはこの3つを健康の定義においていました。しかし、近年それだけでは不十分ということでもう一つの健康の定義が加えられたのです。それは、霊的健康です。霊的健康ってなに?と思われた方もいるかもしれませんが、奥が深いですよね。スピリチュアルヘルスですよ。WHOが認めたということは、健康は今までのような物質だけでは語れないということが証明されてきた影響もあると思います。

ここにあげた、脳と人間の欲求とWHOの健康の定義ですが、僕が思うにこの3つは関連していると思えてならないんです。これを統合すると、

1、原脳と言われる爬虫類脳は生理的欲求を満たすことで身体的健康を得ている。

2、大脳辺縁系の犬猫脳は安全の欲求を満たすことで精神的健康を得ている。

3、大新皮質の人間脳は所属と承認の欲求を満たすことで社会的健康を得ている。

4、瞑想脳の前頭前野は自己実現の欲求を満たすことで霊的健康を得ている。

というようにまとめることが出来るんです。1と2は、人間以外の生き物にもあることで動物的本能みたいなものですよね。3、になると人間にしか備わっていいない自分が認められたいという欲求が満たされて社会的な健康を得ているんだと思います。ここまでは、すべて自分ごとなんです。自分自身の欲望を満たすための欲求と言えると思います。

4、の前頭前野はスピリチュアル脳と言われている部分でここは現代人が全然使っていないとされる脳なんです。ここを活性化するには自己実現の欲求を満たすことがとても重要なんですが、自己実現ってなにかというと、自分は何のために生まれてきたのか、自分以外の人のために何で役に立てるのかがわかって、それに生き甲斐を感じてチャレンジ出来ることだと思います。そうすると自己実現の欲求が満たされて前頭前野のエネルギー数が1、2、3、とは比べ物にならないぐらいに上昇して霊的健康を得られるのだと思います。

人間や生き物は物質とエネルギーの両方で成り立っているのです。電気も通しますし、磁場の影響も受けますよね。しかし、現代医学を始めとして、人間の健康を考えた時に数値や物質だけの見方になっているため、エネルギー科学的な考えは全くといっていいほどない訳ですが、WHOでも認めているように世界的には物質だけでなく、エネルギーも健康に大きく影響することが認められているのです。4、の自己実現の欲求は人のために自分が出来ることと言いましたが、1、2、3、は自分のためのものでしたよね。これらをエネルギー科学的に比較するとエネルギー数が上がって健康指数が高いのは圧倒的に4なんです。4を満たしている人はエネルギー数が高くなって、霊的健康を得ているのですが、この状態はβエンドルフィンで脳が満たされていますので、幸福感に満ちて最も脳が活性しているのです。しかも、今まで使われていない部分が活性化しますのでストレスに強くなったり、今までに無い発想が生まれたり、今まで悩んでいた自分の課題が見えて、解決につながったり、いろんな作用が生まれる力を秘めているようです。もちろん健康面も今まで悩んでいた持病が完治してしまうなど、大幅に健康増進や細胞の若返りなども期待がもたれているのです。

ドイツではエネルギーだけで治療する病院が実際にあります。カラダの周波数を変えるだけで健康にしてしまうというものです。物質はエネルギーのかたまりであるという考えで言えば、カラダに異常が出ている部分はエネルギーが下がっているのでそこのエネルギー数を上げて、健康時のそれに戻すことで物質である細胞や臓器も健康に戻っていくというものです。検査も周波数だけをみて、健康時のものでなければその周波数だけを変えれば予防も出来るというものです。

そうです、エネルギーが物質を決めているというものなんです。

なので、4の自己実現の欲求を満たしてエネルギーが上がることがいかに健康に影響しているかおわかりだと思います。

自然医科学ではエネルギー科学を取り入れています。人間のカラダもエネルギーが存在します。弱っている部分、例えば風邪を引いて呼吸器が弱っていれば健康時の周波数ではなくなってしまうんです。そこで健康時の呼吸器の周波数を持っている自然薬を選んで使えば健康時の周波数に共鳴して、弱っている呼吸器が健康時の周波数に戻ることで回復するんです。

いかがでしたか、いずれにしても、健康って病気じゃないことではないんですよね。心もカラダも健康で、家族や友人、仕事,会社、などの社会的に健全な関係を保つ社会的健康、最後に現代人に一番かけていると言われている霊的健康について少し考えてみてはいかがでしょうか?感謝の気持ちも持つだけでもエネルギー数は変わりますし、人のために役に立つことを見つけることが出来てそれに関われたらさらにアップします。さらに世の中のためになることを生き甲斐として関われたら凄いことになるでしょうね。

ishikawayoshimitsu
石川善光
統合自然医科学インテグラシー創始者
化粧品会社の研究室に勤務後、肌と内蔵やホルモンなどカラダのつながりに気づき、カラダのつながりから診る医学の必要性を感じ渡英し、自然医学を学ぶ。英国王室御用達のヘルスファームで活躍。17年かけて自然医科学を統合したインテグラシーを発表。30年近く健康とエイジングの専門家として草分け的存在。
9月より有料メルマガを始めました。ブログでは伝えることが出来ないことやもっと詳しく知りたいと言う人におすすめです。 健康な強いからだが欲しい方は必読です。毎週水曜日発行。 http://www.mag2.com/m/0001674555.html
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク