熱が出ない風邪は免疫力低下が原因で危険な病気が潜んでいるかも

シェアする

typhoid-fever

ときどき今まで一度も病気をしたことがないという人がいます。病気になったことがないということは,ものすごく健康な人だと思うのではないでしょうか?しかし、病気をしないことと健康であることとは必ずしもイコールでは結ばれないのです。今まで一度も病気をしたことのない人には2つの可能性が考えられます。一つはものすごく健康体である可能性です。すべての機能が正常に機能して,エネルギ−に満ちあふれ,免疫システムが100%の状態なら確かに病気にはならないでしょう。でも,こんな人は実はごくわずかしかいません。

二つ目は非常に身体が弱い可能性です。病気をしたことがないという人のほとんどはこちらのタイプになります。今まで小さな病気の経験をしないまま、ある日大きな病気になってしまうのです。自覚症状は全くなく体重が落ちてきたので念のために検査を受けてみたらガンだったという人も少なくないのです。このタイプの人は、免疫システムがいわば眠っている状態で、ほとんど機能していないのです。そんなことはあり得ないとにわかには信じられない人もいるでしょう。もし,免疫システムが眠っている状態ならインフルエンザにかかったら死んでしまうのかと思うかもしれませんね。

しかし、人間の身体はそんなにひ弱ではないんです。免疫システムが眠っていたら、身体は別の方法で病原体と戦おうとしますし、最後の最後まで生き延びるために戦って守ろうとします。例えば、血液や細胞のPHを下げて酸性度をアップさせます。酸性に傾いた環境にすることで、細菌やウイルスが人体を攻撃することが出来なくするのです。つまり、体内の科学的な組成を変えて細菌やウイルスが生存できないような環境を自ら作り出し、自分の身体を守ろうとしているわけです。しかし、この方法は風邪のウイルス程度なら身体を守れるかもしれませんが、我々人間の生活環境はもっと危険なウイルスがたくさん存在しています。それらがもし攻撃してきたとしたら、免疫システムが眠っている状態では歯が立たないわけです。しかも、体内環境が酸性に傾いていれば人間の細胞は長くは生きられないので、老化、劣化がどんどん進んで結局は大きな病気につながって寿命が縮まってしまうでしょう。

なので、風邪を引かないということは健康のバロメーターにはならないということです。

免疫システムが眠っているとしたら、風邪を引いても熱が出ないでしょう。熱が出ないということは免疫力が弱くて不健康な状態といえます。免疫システムがひ弱な状態ではウイルスが体中に入り込んでも活性化できないため、熱が出ないのです。これは非常に危険なことなんです。先程述べたように免疫機能が活性化出来なければ、別の方法、つまり体内の化学的な組成を変化させて身体を守ってくれますが、健康リスクが大きいのです。

一番影響が考えられる健康リスクは認知症などの神経の障害です。例えば、認知症患者の多くは、そうなるまでの何十年もの間、高熱を出したことがない人が多いのです。免疫機能が長年眠った状態が続いて体内の化学組成を変えることで病気と闘ってきた可能性が高いのです。

もちろん神経系の病気以外にもガンや深刻な慢性疾患など様々な病気が引き起こされるリスクがあります。

熱が出ない人より、ちゃんと免疫システムが機能して熱が出る方が健康といえるのです。

では、生まれた時に健康だったはずなのに,何が原因で健康を失うのでしょうか?

日本人の場合、まず考えられるのは薬の飲み過ぎです。例えば、抗生物質などは頻繁に摂りすぎると細菌と戦ってくれますから免疫システムは休んでしまいます。免疫システムが休んでしまうと様々な弊害が起こりますが、その一つがガンにかかる可能性が増加するということです。そして、薬が健康を阻害する理由としてもう一つ上げるとすれば、体内の毒素が蓄積されてしまうことです。人間の身体は本来、どんな薬も欲していません。薬が体内に入ってくるととにかく薬を排除しようと働き始めます。ところが、体外に排出すべき毒素は薬だけではありません。食物の消化など体内で普通に行われている様々な化学反応からも毒素は生まれています。本来であればそれも排出しなくてはならないのですが、薬を飲んでいると排出すべき毒素が薬の方が多いため排出すべき優先順位が高くなります。なので、薬を飲めば飲むほど薬を排除することにばかりエネルギ−が使われて、体内で自然に生まれる毒素の排出にまで手が回らなくなってしまうのです。どんどん毒素が溜まりますよね。やがて細胞に悪影響を及ぼして、健康上の深刻な問題に発展してしまうのです。

でも、どうすれば薬をやめられるのかは現代医学の領域でないため,教えてくれませんよね。現代医学の申し子といわれるアメリカでさえ、ついに薬医療に偏りすぎていたことを反省して自然医学を優先しだしました。その結果がん患者など生活習慣病が減りだしました。一方日本では、いまだに薬医療に偏りすぎていますよね。何度もいいますが、世界の薬の5分の1を日本人だけで飲んでいるのです。このままでいいんですか?

自然医学では薬で抑えるのではなく根本的に正常に戻すことで薬を飲まなくても良くなるようにする専門として対策をとって行きますので,ご相談ください。

ishikawayoshimitsu
石川善光
統合自然医科学インテグラシー創始者
化粧品会社の研究室に勤務後、肌と内蔵やホルモンなどカラダのつながりに気づき、カラダのつながりから診る医学の必要性を感じ渡英し、自然医学を学ぶ。英国王室御用達のヘルスファームで活躍。17年かけて自然医科学を統合したインテグラシーを発表。30年近く健康とエイジングの専門家として草分け的存在。
9月より有料メルマガを始めました。ブログでは伝えることが出来ないことやもっと詳しく知りたいと言う人におすすめです。 健康な強いからだが欲しい方は必読です。毎週水曜日発行。 http://www.mag2.com/m/0001674555.html
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク