薬のやめ方,病気の防ぎ方は自然医学、予防医学で体の機能を元に戻す

シェアする

649289457_58b0295ae8

いろいろな方からコメントをいただいていて思うことは、症状に悩んできた方は、現代医学の病院で薬で症状を抑えているだけなので、改善が難しいと思います。日本には現代医学しか病院にないわけで、当然すべて薬になります。薬は治すというより症状を抑えるためのものですので、根本的な解決にはなりにくいですよね。そこが他の先進国と比べてこれからの日本の課題だと思います。自然医学をご存じない方は分からなくて当たり前だと思います。

なにか健康に問題が起きたときに何がいけなかったのか、ただ薬だけ渡されて、具体的な因果関係の説明がなければ注意しようがないのです。また、薬をやめたいと思っても、具体的に対策をとらないで、ただ薬だけやめても数値や症状が悪化するだけですので、結局やめれないですよね。

まとめると、

1、予防するには、具体的に自分に合う生活習慣を知ることが出来なければ、防げないということ。

2、すでに、薬を飲んでいる人はどうやって対策をとってよいかを知らないと薬をやめられないということです。

現代医学の役割にはないことなので、今の日本では現代医学しかないためがん患者や生活習慣病が増え続けている訳です。

1を解決するためには自然医学や予防医学の分野で自分の体質を知る検査というものがあります。これを受ければ具体的に自分の体質を知ることが出来るので、いろいろな情報に惑わされることなく、自分にとって正しい生活習慣が細かく具体的に細部にわたって知ることが出来ます。それで初めて予防が出来るようになる訳です。

2を解決するためには薬をやめたいけど、どうしていいか病院では教えてくれないので分かりません。それは自然医学の分野なので、相談すれば具体的な対策を教えてくれます。もちろん症状を抑えるだけでなく、根本的に治療して、正常に機能が回復すれば薬を飲む必要がなくなる訳です。

1も2も現代医学の分野ではなく,自然医学、予防医学の分野です。だから、現代医学しかやっていない病院で薬をもらっていても解決が出来ないのは仕方ないことなのです。

現代医学が得意な分野は、重篤な感染症と急性疾患です。この場合は薬がとても有効です。しかし、1と2のように先進国で病気に悩む多くの患者は慢性的な症状、生活習慣が原因となる病気で悩んでいる訳です。なので、自然医学や予防医学の専門のところに相談するしか解決策は出ないです。皆さん、現代医学のところにしか相談していないのに、どうしたらいいか分からない、なかなか難しいといっても当たり前ですよ。それは。だって専門じゃないところに相談している訳だから。

他の先進国は、現代医学の役割と自然医学の役割を知っているのでガンや生活習慣病を減らすために、現代医学から自然医学や予防医学にシフトしたから結果が出ているのです。

日本は国としてはまだやれない、動けないと言っていますので、気がついた人から変わるしかないんだと思います。

勘違いしないでほしいのは、自然医学や予防医学ですべての病気が薬がやめれたり、予防できたりはしないです。でも、今薬を飲んでいる人の70%から80%は正常にして薬をのむ必要がなくなると言われています。

また、どんな状態でも絶対に直ぐに薬をやめてもらう訳ではなく、あくまでも身体の機能を正常にして、数値的も安定して薬を飲まなくてよい状態にしてから薬をやめてもらう訳です。

また、治ると,これで元の生活に戻れるますとか言われている人が多いですが、もとの生活が悪かったから病気になった訳ですよね。だから、治ってももとの生活ではなくて、体質検査をして、具体的に自分に合った生活習慣を取り入れていけば、再発率はきわめて下げることが可能ですよね。

人間が今まで生き残れたのは、強さでも頭の良さでもなく、変化に対応したからというのは有名な話ですが、今までと違う結果を出すためには今までとは違う選択が必要です。

アメリカは現代医学の申し子と言われていました。でも、ガンや生活習慣病が増えすぎて、自然医学や予防医学に変えたので、結果が変わったのです。

ishikawayoshimitsu
石川善光
統合自然医科学インテグラシー創始者
化粧品会社の研究室に勤務後、肌と内蔵やホルモンなどカラダのつながりに気づき、カラダのつながりから診る医学の必要性を感じ渡英し、自然医学を学ぶ。英国王室御用達のヘルスファームで活躍。17年かけて自然医科学を統合したインテグラシーを発表。30年近く健康とエイジングの専門家として草分け的存在。
スポンサーリンク