素人は経皮毒やトランス脂肪酸、添加物を気にしても病気は防げない

シェアする

bin5CZkuRA85OzF_jdBgs_147

ブログを書いているといろんな方からコメントをいただきます。それと、健康相談に来られるかたもそうなんですが、健康に対する認識が違っている方が多いのが気になりますし、間違った認識でいると病気になってしまいます。例えば、健康によかれと思ってサウナと水風呂を交互に3回繰り返しはいる。仕事で忙しいから体力をつけるために筋トレをする。仕事が大変なのにさらにこんなことを繰り返していたら免疫力が落ちてしまい病気になりやすい状態を作ってしまっています。経皮毒が気になるからオーガニックのものを使っている、とかスーパーフードをとっている、という人も多いのですが、素人さんたちが気にしていることは、話題になりやすくマスコミなどにとりあげられやすいものが多いんです。実際はそれほど病人を減らす効果はないものや、病気を増やしている原因まではいたらないケースが多いのです。歯磨き粉を気にするならもっと日常の習慣を見直すべきです。食べ物や運動も健康のために生活習慣を考えていますという人が実に多いんですが、自分に合う食材や合わない食材は分かりませんよね。自分に必要な運動や正しいやり方、合う運動合わない運動も体質によって違う訳です。なのでよかれと思ってみなさんいろいろされているんですが、生活習慣は自分では正しい方法はまず分かりません。だから、多くの方がよかれと思っていろいろやっているにもかかわらず、病気や寝たきりが増え続けるのです。

健康相談に見える方のほとんどは、よかれと思ってやっていることが逆に健康に悪い影響を与えているんですね。健康のためにジョギングやウォーキングをしています。といいますが、あなたにとって、正しい歩き方はわかりますか?正しい歩き方が分からないのにやるから膝を痛めるんですよ。自分の軸を知らないと正しい歩き方や正しい走り方が出来ないんですね。

毎日健康にいい食べ物を食べています。トマトやキャベツやブロッコリー、人参、レタスなど野菜中心で食べています。炭水化物も抜いています。玄米にしています。いろいろやっていますが、自分で野菜中心や炭水化物を抜くこと、玄米が合っているかどうかわかりますか?もしかして、それが合わないから具合が悪い可能性もあります。だいたい多くは具合の悪い方は自分に合わない食べ物を知らずによかれと思って食べている方が多いです。

病気にならないためには最初はお金をかけてプロに聞かないと分かりません。でも覚えてしまえば自分で出来ます。自分に合う食材、合わない食材なども体質によって違います。一度検査で分かれば一生変わることはないので知っておくと凄く良いと思います。自分の体質を調べる検査があることをご存知ですか?

人間ドックは病気を防ぐものではなく、今病気があるかないかを診る検査ですが、病気を防ぐために必要なのは、体質を調べる検査をして、自分に合う生活習慣を具体的に知ることなんです。自分の体質が分からないから健康情報に踊らされるのです。

ishikawayoshimitsu
石川善光
統合自然医科学インテグラシー創始者
化粧品会社の研究室に勤務後、肌と内蔵やホルモンなどカラダのつながりに気づき、カラダのつながりから診る医学の必要性を感じ渡英し、自然医学を学ぶ。英国王室御用達のヘルスファームで活躍。17年かけて自然医科学を統合したインテグラシーを発表。30年近く健康とエイジングの専門家として草分け的存在。
スポンサーリンク