うつぶせ寝の効果がすごい!疲れがとれやすく、いびき、無呼吸対策に

シェアする

IMG_6706-20160314144346-500x375

皆さんは寝る時どんな寝方をしていますか?

仰向け、横向きいろいろあると思いますがちょっと試してほしい寝方があります。

それは,うつぶせに寝ることです。

例えば睡眠時間を多くとってるのに、疲れがとれないことってありますよね?

実は睡眠の際の姿勢を「うつぶせ」にすることで、疲れを軽減することができるのです。

多少睡眠時間が短くなっても、体が休まって疲れが取れやすくなるのがうつぶせ寝なのです。

なので、寝苦しい夜に試してみてください。睡眠は寝入ってからの最初の15分~30分が重要と言われていますが、その時間帯にうつぶせに眠っているのであれば、深い睡眠と自然な呼吸によって疲労回復に繋がるということがわかっているのです。

特に寝つきの悪い人や、睡眠障害のある人なんかは、うつぶせ寝だと比較的寝やすくなると思いますのでおすすめです。

また、うつぶせ寝をする事によって、背中への負担を軽減させ腰痛がラクになる効果もありますので腰痛持ちの人にもいいでしょう。

さらにいびきがひどい人にもすごく効果的です。力が抜けない人って多いんですが、そんな人は寝ている時でも力が入っていて、呼吸が止まってしまっている場合があるんです。それが、睡眠時無呼吸症候群(SAS)なのですが、仰向け寝がよくないんですよね。

仰向けで寝ると舌がノドに落ち込んでしまい、気道(空気が通る道)を狭くしてしまうのです。そのために呼吸がしづらかったり、呼吸を止めてしまうわけです。

しかし、うつぶせ寝でねると、舌が歯のほうへ落ちるため気道がふさがることがない訳です。うつ伏せで寝ると顎が上がることが少ないので呼吸も自然と長く深くなり、体内にたっぷりと酸素を取り入れることができるのです。呼吸が深くできるようになるので、体の回復にも効果的という訳です。

うつぶせ寝はよだれが出やすくなるのですが、わーっ、汚いと思う人もいるかも知れませんが、そのほうが体にはいいんですよね。

よだれや痰は、吸い込んで体内にたまった菌を体外に排出する役割があるからなんです。

あおむけで眠っている人であれば誰でも経験があると思いますが、よだれやたんが睡眠中に気管に入ってしまい、咳き込んで目を覚ますということがありますよね。これを防止できる訳です。

ただし、正しいうつぶせ寝をしないと逆効果になるから注意が必要です。正しい「うつぶせ寝」をすることが大切です。

まず、顔を左右のどちらかに向けて枕に頬を乗せ、顔を向けている側の腕と足を窮屈にならない程度に曲げて、反対側の腕と足は延ばす姿勢を取ります。抱き枕があるとずれがなく、首も支えることができるので圧倒的に楽ですのでおすすめです。

女性の場合は胸の圧迫感を感じることもあるでしょうが、その際は抱き枕を胸からお腹あたりに入れることで改善されると思います。

また、上手にうつぶせ寝で眠るコツは、枕を上手に使うことなんです。その枕ですが、普段使っているような枕は不要です。バスタオルを何枚か重ねたものか、厚みのない枕を使用しましょう。

妊婦さんにはシムス位として有名ですが、安眠効果があるため、ストレスや自律神経の乱れに悩まされる妊婦さんには非常に効果的ですね。

おそらく産婦人科でも指導されていると思いますが、むくみが気になる妊婦さんは静脈がつぶれないように左下の体勢でシムス位をするように気をつけるとよいでしょう。

また、うつぶせ寝で注意が必要な人は、高齢者や赤ちゃんです。

自力で寝返りを打てない人や乳児にはうつぶせ寝は危険ですのでNGです。本来の自然な体勢と言われるうつぶせ寝ですが、 生後間もない赤ちゃんは、うつぶせ寝をやらない方がよく、世界的にも常識になっています。

まずは、自分に合うかどうか試してみるのが大事だと思います。

仮眠をうつぶせ寝でやってみたりしながら、無理のない状態で徐々に効果を感じていく方が良いでしょう。

 1日の3分の1を占める睡眠時間だからこそ、快眠を得るために自分にあった寝方が大切ですね。

ishikawayoshimitsu
石川善光
統合自然医科学インテグラシー創始者
化粧品会社の研究室に勤務後、肌と内蔵やホルモンなどカラダのつながりに気づき、カラダのつながりから診る医学の必要性を感じ渡英し、自然医学を学ぶ。英国王室御用達のヘルスファームで活躍。17年かけて自然医科学を統合したインテグラシーを発表。30年近く健康とエイジングの専門家として草分け的存在。
スポンサーリンク