不眠症の原因はストレス緊張、寝る方法で一番良いのは薬よりリラックス

シェアする

nemurenai

何となく気づいている方も多いと思いますが、ストレスと睡眠は密接に関係があります。

ストレスや緊張、興奮など感情の乱れによって引き起こされるパターンです。仕事でプレッシャーが多い人、環境が自分に合わないと感じている人、人付き合いが苦手な人、などが陥りやすい傾向にあります。また、必ずしもネガティブな感情ではなく、ワクワク感などの興奮によって眠れなくなる場合もあります。

また、昼間緊張や興奮をしすぎると、夜になっても眠れなくなる場合があります。その場合、疲れてよく寝れそうですが、疲れているのに眠れない状態になってしまうのでつらいですよね。

明日のことや今後、将来のことで緊張や興奮、心配ごとなどでも寝れなくなってしまいます。楽しい遠足やイベントを明日に控え、寝れなかった経験は多くの人が経験があるのではないでしょうか。逆に長期間人間関係で悩んだり、災害で避難所暮らしがいつまで続くかなど不安や心配事が長く続くと長期的に緊張状態が続くことになるので、不眠症に陥りやすくなります。

寝る時は自律神経の中でリラックスの神経である副交感神経が働いているから眠れるのですが、様々なストレスによって活動や緊張時に働く交感神経が優位になりすぎて、副交感神経に切り替わることが出来なくなることで眠れなくなるのです。

また、不眠を生じやすい性格があります。完璧主義や心配性の人は精神的ストレスを溜め込みやすいため、不眠症になりやすいと言えます。性格は変えることは難しいのですが、極端にならないように意識することが大事です。また、このタイプの人はストレスを頭で理解することや整理することが有効ですので、考えられる原因を紙に書き出してみて下さい。そうすることで、自分が何に対してストレスを感じているのか、客観的にストレスの原因を把握出来ますので、どのようにストレスに対処すればいいのか考える役に立ちます。

加齢による睡眠ホルモンの減少によっても不眠症になります。睡眠ホルモンと言われるメラトニンは、9歳頃をピークに徐々に減少が始まります。20代後半ではピーク時の半分にまで減少し、50代,60代ではピーク時の10分の1以下にまで減少してしまうのです。こうしたことから年齢が上がるごとに不眠症を訴える人が増加するのです。実は増やす方法はあります。

また、眠れないからアルコールを飲むと言う人が多いですが、これは間違いで、睡眠の質を悪化させます。

アルコールは寝つきは改善させますが、睡眠の質を低下させるのです。また睡眠中にお酒の効果が切れると反動の離脱症状が生じるために中途覚醒の原因にもなるわけです。寝つきを良くするため、一見すると睡眠に良い影響を与えるように錯覚してしまいがちですが、総合的に見るとアルコールは睡眠に悪影響を来たす物質なのです。

健康を害してしまい、精神疾患や副腎疲労などに陥っても当然不眠になります。また、薬でも睡眠に悪影響を与えるものはたくさんあります。抗うつ剤、ステロイド、降圧剤、高脂血症治療薬、下剤、喘息の治療薬なども不眠の原因になります。いずれにしても,健康を害している場合は、専門家に相談してください。薬医療では薬しかないので、自然医学の専門家に相談すれば、薬がやめられるように治療や指導をしてくれます。

日本だけで世界中の5分の1の薬を飲んでいるほど異常な薬依存の国です。日本の医療は薬医療しかないのも異常なのです。先進国の中で日本だけがガンをはじめとする生活習慣病が増え続けています。現代医学の薬医療は本来、感染症と急性疾患,救急医療のための医療で、生活習慣が原因である症状や病気は自然医学が専門です。世界中の先進国ではすでに慢性的な生活習慣病は薬医療ではなく自然医学にシフトしています。なので、ガンをはじめとする生活習慣病患者数が毎年減っているのです。寝れないからと言って睡眠薬を常に飲んでいる人も多いのですが、薬では根本解決はしません。カラダの機能を正常に戻してあげれば寝れるようになるのですから、薬を飲む前に生活を見直して見ましょう。それでもダメな時は、自然医学の専門家に相談してみましょう。

 結局は自律神経の働きがうまく働くことが大切ですが、不眠になっている人は、冷え性や便秘、肩こり、頭痛,腰痛など日常で不調を感じることが多いのではないでしょうか。すべて自律神経に関係していますので、軽い運動や寝る前にカフェインを取らない、体を温める、寝る前には照明を暗くして携帯、PC、テレビを見ないようにするなどを習慣にしていくことで、交感神経と副交感神経がうまく働きやすくなります。
寝る時にリラックスできているかが重要なことなのです。カモミールティーは最高のリラックス効果があります。寝れない時は飲んでみてください。また、深呼吸は自分で出来る唯一の自律神経調整法です。寝る前に深呼吸して息を吐く時に脱力できればリラックスできています。寝れない人はこれがなかなか出来ないんですよね。練習してみてください。これが出来れば劇的に寝れる可能性がありますよ。もっと詳しく知りたい方はメルマガでも紹介していますので読んでみてください。

 

ishikawayoshimitsu
石川善光
統合自然医科学インテグラシー創始者
化粧品会社の研究室に勤務後、肌と内蔵やホルモンなどカラダのつながりに気づき、カラダのつながりから診る医学の必要性を感じ渡英し、自然医学を学ぶ。英国王室御用達のヘルスファームで活躍。17年かけて自然医科学を統合したインテグラシーを発表。30年近く健康とエイジングの専門家として草分け的存在。
9月より有料メルマガを始めました。ブログでは伝えることが出来ないことやもっと詳しく知りたいと言う人におすすめです。 健康な強いからだが欲しい方は必読です。毎週水曜日発行。 http://www.mag2.com/m/0001674555.html
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク